Legend Of MOONWALK ■ゲーム 『MICHAEL JACKSON's MOONWALKER』 part.1■

【 ゲーム MICHAEL JACKSON's MOONWALKER』 part.1
 


 「KING OF 味ゲー」
 
このゲームに冠するにふさわしい形容が、他にあるだろうか。

メガドライブ版
 
≪付記≫   裏ワザ   アーケード版   マスターシステム版   コンピュータ版   その他

**************************************************

MICHAEL JACKSON's MOONWALKER
≡ メガドライブ版 ≡
( VOL.18-25 / Feb-Oct 1990 )


o ラウンド1
o ラウンド2
o ラウンド3
o ラウンド4
o ラウンド5
o ラウンド6
: Club 30
: Street
: Woods
: Cavern
: The Enemy Hideout
: Michael's Battle Plane

BGM "Smooth Criminal"
BGM "Beat It"
BGM "Another Part of Me"
BGM "Billie Jean"
BGM "Bad"




左: US版、ハード機名称 『GENESIS』 / 右: ヨーロッパ版、6ヶ国語の解説文



■'90年2月5日発行分
  • 今年('90年)の6月、セガより家庭用TVゲームソフトを発売予定!!
    マイケル監修 『ムーンウォーカー』(家庭用 6,000円)


■'90年5月5日発行分

【 SEGA ホットライン 】
セガ・エンタープライゼス 宣伝部 S部長/T氏より

 拝啓 貴誌益々ご清栄のことと存じ、お慶び申し上げます。

 当社がメガドライブ用ゲームソフトとして「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」を発売するに当り、異例の早さで各方面にニュースリリースを配布したわけですが、予想通り、その扱われ方には通常のゲームソフトとは別格の感があります。
 これもひとえに彼のネーム・バリューに依るところが大きいと思われますが、発売時の反響を予測させるには充分なものがあります。

 現在、ゲームソフト開発は終盤を迎えており、細部にわたってマイケル・ジャクソン自身の細かい修正の指示が与えられているらしく、プログラマーは昼夜を徹する作業で最良の作品を創るべく頑張っております。

 マイケル・ジャクソンがこれほどこのゲームソフトに執着するのは、彼自身が大のゲームファンであると同時に、当社の「メガドライブ」というゲーム機が、ファミコンが足元にも及ばない、忠実に彼の動きの細部まで再現できるグラフィック力とスピーディな処理能力を持ち合わせていることに他なりません。
 それに加えて、彼の音楽がゲームミュージックとしても最高のノリのものになっていることも見逃せません。

 彼が本年1月にアメリカで開催されたCES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)会場に“お忍び”で現われ、このゲームのデモ画面(開発途上)を見て、大変満足して帰ったという話を聞くと、彼の期待以上の内容であったことは確信できます。

'95年5月11日、LAのエレクトロニック・エンターテインメント・エキスポにて

 「メガドライブ」はマイケル・ジャクソンによってさらにその可能性を拡げた、と言っても過言ではありません。
 このゲームソフトは彼によってさらに「メガドライブ」が持っている潜在能力を引き出すエポックメイキングがものになることは間違いありませんし、彼もそれを望んでいると思います。

 今後とも「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」の完成に向けて全力を投入して参りますので、貴誌読者の方々にも応援をお願いできたらと思います。

敬具



■'90年6月5日発行分

『マイケル・ジャクソンズ ムーンウォーカー』
8月9日発売決定!
定価 6,000円 (税別)


  • 我らのマイケルの息のかかったゲームソフトです!
    他のゲームファンに先を越されて 「売り切れ」 なんて事のないように、マイケルファンとしては、ぜひぜひ予約をしたり並んだりして頑張って下さい。 チケット争奪戦で鍛えられている腕の見せどころですよ。

  • さて、ソフトだけ手に入れて、ファミコンとか他社のゲーム機にポンと入れてもゲームは出来ません;
    マイケルのダンスシーンを観るには、セガ・メガドライブが必要。
    これは定価で21,000円だけども、量販店へ行けば14,800円位で買えます。 (※当時)

  • メガドライブの優れた点は、従来は8ビットだったのが これは16ビットなので、マイケルの動きがとても滑らかでリアルなのです。
    また、以前は技術者が本職で使う域だった ウン百万円もする高級チップ(モノトーラ6800)を採用。
    難しいことは解らなくても、とにかく、マイケルらしく美しい画質で観られるってことです。

  • 特にサウンド面では、音によって画面表示に影響が出たり その逆だったりという不快な現象が全く無くなっているという事なので、"Smooth Criminal" なんてバッチリBGMで楽しめますよ。

 日本にて '88年10月29日発売。 (アメリカは翌'89年に 『GENESIS』 名で発売)
ちなみにその日は偶然にも映画 『MOONWALKER』 の劇場公開日でもあった



■'90年7月5日発行分
  • 前号では発売日を8月9日と紹介しましたが、マイケルの入院などがありましたので若干遅くなるかもしれません、との事です。
    詳しい発売日などは次号で発表できると思います。

  • ポスターをただいま製作中との事です。お楽しみに。


モォ!! 待ちきれない!!
MICHAEL JACKSON'S MOONWALKER

 ビジュアルもサウンドも美しいし、アクションゲームとしての面白さは言うに及ばず、おまけにキャラの動きもスタイルもマイケルのまんま!!
 マイケルを自在に動かせて遊べるなんて、うれし過ぎますよねェ
 ここでは、『MOONWALKER』 のアクションシーンをピックアップしてご紹介しちゃいます。
 [メガドライヴFAN '90年7月号より]
  • まずスタートは、あの 『CLUB 30』 から、ドアを入ったマイケルがジュークボックスにコインを投げ入れるシーンから始まります。

  • 基本的なアクションは ジャンプ,ムーンウォーク,パンチ、他にもキック,ハットアタック(帽子投げ),上撃ちなど。

  • 回転中は無敵なスピンアタック,階段の手すりを使ったスライドアタックや、なんと足でピアノを弾いちゃうなんていうマイケルらしい遊び心もいっぱい!!
    マイケル自身が制作に加わってなきゃ、きっとここまで細やかな “らしさ” は出せなかったんじゃないかな?



  • そして、究極のマイケルらしいアタックがこれ。
    その名も “ダンスアタック”。
    つられて一緒に踊った敵キャラが踊り終わると、総倒れ。



  • 子供たちを助け出し、敵キャラのボス “Mr.BIG” を倒すのがこのゲームの目的。
    子供たちを助け出すと、なんとバブルス君が登場してボスの所へ案内してくれちゃう。




  • ラウンド2は、夜の路地がアクションステージ。
    ラウンド1のBGMが "Smooth Criminal" なら、こちらは "Beat It" 。 敵キャラも、ストリートギャングのようなジーンズ姿に変わっています。

  • ラウンド1と同じように、ステージの小道具がいろいろ使えます。
    消火栓に飛び乗って水流でアタックしたり、ゴミバケツをキックしたり…。 この蹴り方、カッコイイですよね


    あんまりな拉致場所

 ラウンド1~5までは、1つのラウンドにつきステージ1~3があります。
 腕を磨けば複雑なアクションも自由自在。 (裏ワザもありそう) 一度やりだしたら止まらなくなりそうでしょ? 発売が本当に待ち遠しいですね!
 「TVゲームなんてやったことない」 っていう方も、ぜひ挑戦してみて下さいね。


■'90年8月5日発行分
  • ゲームソフト 『ムーンウォーカー』 の発売日が、8月9日から延期になりました。
     発売日: 8月25日(土)

  • ポスターの写真はもう決まったそうですが、今はまだ出来上がっていません。

  • 当初 "Thriller" の曲も入る予定でしたが、途中で変更となり "Another Part Of Me" になりました。

  • 「ゲームそのものを楽しんでもらう」 という目的に重点を置いているので、特にそれ用の本(ガイド本・攻略本の類) は出ないかもしれないそうです。


■'90年10月5日発行分
  • 来日の時、マイケルがセガのゲーム機をプレゼントされたことは皆さんご存知ですよね。
    その時のエピソード。
    マイケルは最初、「ゲーム機はたくさん持っていますから…」 と言って遠慮したそうなのです。
    それを、セガの方が 「是非どうぞ」 ということで戴いたわけですが、持って帰る時はとっても嬉しそうだったんですって



'88年12月16日、セガ本社にて

top▲


**************************************************

付 記
MICHAEL JACKSON's MOONWALKER

≡ メガドライブ版 THE 裏ワザ ≡




  • 面セレクト

    『SEGA』 ロゴ画面で、2Pパッドの [左上]+[A]ボタンを押し続けて [青START]ボタン。
    メニュー画面になっても放さず、再び [青START]ボタン。



  • 戦闘ロボット化

    2ラウンド以降、特定の子供を最初に助けると、画面右上から流れ星が現われる。
    これをマイケルがキャッチすると無敵ロボットに変化し、体力も全快、隠された子供の位置が透けて見える。
    ロボットの操作は、アタックボタンでレーザー,ジャンプボタンで空を飛び,マジックボタンで追尾ミサイルを発射。
2-1
クラブ30の上


2-2
屋上の右から2つ目の黄色い車


2-3
駐車場2階の右端の青い車


3-1
ラウンドのいちばん右端


3-2
スタート地から少し右の墓石


3-3
スタート地から少し右の一段上


4-1
ラウンドのいちばん右端の上方


4-2
スタート地から一段下の洞窟


4-3
ラウンドの右の方にある滝の中


5-1
ラウンド右上隅、転送機のみ可






  • バブルス君が現われない

    子供たち全員を助け終えても、すぐにマイケルを[下]ボタンでしゃがませると、その間バブルス君は飛んで来られない。

こないだはゴメンって~

top▲


▼ part.2 へ ▼

UPDATE - '10.3.26
http://mjfcmoonwalk.com