Legend Of MOONWALK ■MJ Writes:ライアン・ホワイト君へ捧げた詩■

【“Ryan White : My Own Story”より 】
( 出版:1991年7月 )

( VOL.39 / Jan 1992 )

Ryan White symbol of justice.
Or Child of innocence,
Messenger of love.
Where are you now,
Where have you gone?

Ryan White, I miss your sunny days.
We carelessly frolicked in extended play.

I miss you Ryan White.
I miss your smile,
Innocent and bright
I miss your glory,
I miss your light.

Ryan White, symbol of contradiction.
Child of irony, or
Child of fiction?

I think of your shattered life
Of your struggle,
Of your strife.

While ladies dance in the moonlight night.
Champagne parties on chartered cruises.
I see your wasted form
Your ghostly sight.
I feel your festering wounds,
Your battered bruises.

Ryan White, symbol of agony and pain.
Of ignorant fear gone insane.
In a hysterical society,
With free floating anxlety
And feigned piety.

I miss you Ryan White,
You showed us how to stand and fight.
In the rain,
You were a cloud burst of joy.
The sparkle of hope
In every girl and ever boy.

In the depths of your anguished sorrow
Was the dream of another tomorrow...

ライアン・ホワイトは正義のシンボルだ
あるいは彼は清純無垢な子供
愛のメッセンジャー
君は今どこに?
どこに行ってしまったの?

ライアン・ホワイト あの素晴らしい日々が懐かしい
僕たちは実に気楽にふざけまわって遊んだね

ライアン・ホワイト 君がいないと淋しいんだ
君の汚れを知らない
明るい笑顔が懐かしい
君の成し遂げた事が懐かしい
君の素晴らしい才能が懐かしい

ライアン・ホワイトは否定のシンボルだ
彼は皮肉な運命の子供
それともお話の中の子供?

僕は君のメチャクチャになってしまった人生を思い出す
君の努力を
君の闘いを思い出す

あの洋上のシャンペン・パーティで
月明かりの中を女性たちが踊っていた間
僕は君の衰弱した姿を見ていた
君のボンヤリとした眼差しを見ていた
僕は君がひどく傷ついているのを感じた
打ちのめされているのを感じた

ライアン・ホワイトは苦悩と痛みのシンボルだ
無知ゆえの怖れが狂気となることのシンボルだ
あちこちにはびこる不安と
偽善の溢れる
ヒステリックな社会において

ライアン・ホワイト 君がいないと淋しいんだ
君は抵抗し闘う術を僕たちに教えてくれた
雨の中でも
君は喜びが洪水のように溢れていた
すべての少女・すべての少年の希望の
きらめきだった

君の苦悩に満ちた哀しみの奥には
もうひとつの明日への夢があった‥‥



英語版

『 Ryan White : My Own Story 』
  Ryan White & Ann Marie Cunningham/著
 
   Signet社 1992年8月(リイシュー版)
   326ページ Paper cover book US$7.99
   ISBN:0451173228

和訳版

『 エイズと闘った少年の記録 』
  ライアン・ホワイト&アン・マリー・カニンガム/著
  加藤耕一/訳
   ポプラ社 1992年7月
   238ページ A5ハードカバー 1,470円(税込)
   ISBN:4-591-03347-3




(注) 上記和訳は当MOONWALKオリジナルです

UPDATE - '06.10.14
http://mjfcmoonwalk.com