Legend Of MOONWALK ■企画ページ: マイケル31年間の軌跡 ~ かんたん年表 ~■

31th BIRTHDAY記念
 【 マイケル31年間の軌跡 ~ かんたん年表 ~
( VOL.13 / Aug 1989 )

もうすぐマイケルのお誕生日ですね。
「マイケルもとうとう三十路だわー」 と騒いでいたのが、つい昨日の事のようなのに…。
 もう1年も経ってしまったけどファンの私達にとって最高の1年でしたよね。 アリガトマイケル

「マイケルもいよいよ31歳」 というわけで、愛と感謝を込めて
マイケルの31年間をザッと振り返ってみましょう!


'58
  • 8月29日 インディアナ州ゲイリー2300ストリートで、ジョゼフパパ・キャサリンママの5男(※)として誕生 (ファンの聖記念日となる)
    【※注 : 正確には6男】
'62
  • ジャクソン5の前身となるファミリーグループを結成
'65
  • タレントコンテストで数多くの優勝を飾る

右下でボンゴを叩いているのがマイケル

'67
  • ブラックミュージックの殿堂・アポロシアターのアマチュア・ナイトで優勝
'68
  • 地元のレーベル、スティールタウンから 「Big Boy」 リリース


'69
  • モータウンと契約、カリフォルニアへ移る
  • 10月 シングル 「I Want You Back」 でデビュー
  • 12月14日 エド・サリヴァン・ショーに初出演
  • 12月18日 デビューアルバム 「Diana Ross Presents The Jackson 5」 を発表

'69年10月18日 米ABC 「The Hollywood Palace Special」 にて 「I Want You Back」 初披露

'70
  • デビュー以来連続4曲No.1を達成、爆発的な人気を得る


'71
  • 初のソロシングル 「Got To Be There」 リリース
  • ゲイリー市長が1月31日を 「ジャクソン5デー」 に定める
  • 初のヨーロッパツアー。大成功を収める
  • ジャクソン5をキャラクターにしたアニメTVシリーズ 「Jackson 5ive」 始まる。
    土曜の朝の人気番組になる
'72
  • 初のソロアルバム 「Got To Be There」 リリース
  • 続いてシングル 「Ben」 と同名アルバム発表
  • ジャクソン5、ビルボード誌の 「ベスト・ポップ・シングル賞」 に輝く

ネズミの写真が子供たちの不評を買った 「Ben」 は、すぐにネズミ無しのジャケットに差し替えられる。
右の2枚は日本盤シングル2種

'73
  • 初来日 (4月27日~5月2日に計5回のコンサート、東京音楽祭へのゲスト出演)
  • ビクターより来日記念アルバム 「In Japan !」 のライブアルバムが日本限定でリリース
    【※追記 - '88年にLP版とCD版で・'04年にCD版が再リリースされた】
  • マイケル、アカデミー賞会場で 「Ben」 熱唱


'74
  • ラスベガスのMGMグランドホテルでファミリー総出演のショウを行なう (ジャネットの初舞台)

'74年3月11日放映の米ABC 「Free To Be... You And Me」 は、エミー賞を受賞。
ロバータ・フラックは13年後、「Bad」 で "ダリル=マイケル" の母親役で声の出演

'75
  • モータウンを離れ、エピックへ移籍することが明らかになる
  • ジャーメインが抜け、ランディが加わる
'76
  • エピックへ移籍。 「THE JACKSONS」 と改名
  • 米CBS 「The Jacksons Variety Show」 が全米で放映開始 (マイケルのTV出演嫌いはこれが原因?)
  • 移籍後 初のアルバム 「The Jacksons」 リリース
  • NAACPがジャクソンズに最優秀年間グループ賞を与える

「The Jacksons Variety Show」 は、'76年・'77年の2シーズンで計12エピソードを放映

'77
  • 前年の1stアルバム 「The Jacksons」、ゴールドアルバムに認定
  • ヨーロッパツアー。英エリザベス女王の前でパフォーマンス
  • マイケル、「The Wiz」 の撮影に入る (クインシー・ジョーンズと出逢う)
  • マイケル、3rdアルバム以降をジャクソンズ自身によるプロデュース・作曲で賄いたい意思をエピック社長へ直訴
  • ジャクソンズ、2ndアルバム 「Goin' Places」 リリース
'78
  • 「The Wiz」 全米で公開
  • マイケル、ソロアーティストとしてもエピックと契約
  • アルバム 「Off The Wall」 の製作に入る
  • ジャクソンズ、ピーコック・プロダクションズ設立
  • ジャクソンズ、念願の自己プロデュースによるアルバム 「Destiny」 リリース


'79
  • ジャクソンズ、Destinyワールドツアーを敢行
  • 7月1日 LA市長が 「ジャクソンズの日」 を宣言
  • 8月 アルバム 「Off The Wall」 リリース (RIAA公認のプラチナアルバムとなる)
  • 21歳になったのを機に自己プロデュースを始める


'80
  • AMA(アメリカン・ミュージック・アワード)で 「最優秀R&Bボーカル」,「最優秀R&Bアルバム」,「最優秀R&Bシングル」 に輝く
  • ジャクソンズ、NAACP Imageアワードで 「ベストグループ」 を翌年も連続で受賞
  • GRAMMYで 「ベストR&Bパフォーマンス」 を受賞するも、アルバム 「Off The Wall」 の評価の低さに出席をボイコット
  • ランディ、自動車事故で重傷を負う
  • ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに、ジャクソンズの名が刻まれる
  • ジャクソンズ、アルバム 「Triumph」 リリース

左から : AMA / NAACP Imageアワード / ウォーク・オブ・フェイム

'81
  • マイケル、日本の 「スズキLOVE」 のCMに登場
  • AMAで 「最優秀ソウル/R&B男性ボーカル」,「最優秀ソウル/R&Bアルバム」 受賞
  • 7月 Triumphツアー開始
  • ジョージア州アトランタで 「アトランタ子供基金」 のコンサートを行ない、10万ドルを寄付
  • 初のライブアルバム 「The Jacksons Live」(2枚組) リリース
  • ジャーメイン、アルバム 「I Like Your Style」 のジャケットに 「このアルバムをジャクソンズに捧げる」 とクレジット。同アルバムにはジャクソンズをテーマにした 「I'm My Brother's Keeper」 を収録、兄弟の絆の深さを示した。

撮影の合間、マイケルは 「ちょっと乗ってくるね」 とLOVEで走り去り、20分も戻らずスタッフを慌てさせた

'82
  • マイケル、ダイアナ・ロスの 「Muscles」 の作詞・作曲・プロデュースを担当
  • アルバム 「Thriller」 の製作に入る
  • ポール・マッカートニーとのデュエット 「The Girl Is Mine」 発表
  • 11月24日 全米でアルバム 「Thriller」 リリース。 日本では12月5日に発売
  • 映画 「E.T.」 のストーリーブックで、ナレーションとオリジナルテーマソングを担当。
    アメリカで11月にリリースされるが、レコード会社間のトラブルで発売後すぐに店頭から引き上げられる (ファンにとって幻のアルバムとなる)
    【※追記 - イギリスでは翌年1月の発売で、チャート入りするほど売り上げた。日本での発売は同3月】
'83
  • 3月 モータウンレコード25周年記念イベント 「MOTOWN 25」 に兄弟とともに参加。
    そのエンターテイナーぶりで各方面の絶賛を浴び、名実ともにスーパースターとなる
  • 「Beat It」,「Billie Jean」 のビデオで、MTVの人種差別の壁を打ち破り称賛を浴びる。音楽ビデオのスタイルを確立した 「ビデオ・スター」 として手本となる
  • ドン・キング氏、ジャクソンズのツアー計画を発表
  • 「Making Michael Jackson's Thriller」 のビデオを発売、空前のベストセラー
  • アルバム 「Thriller」 から連続7曲のシングルトップ10入りを果たす
  • ビルボード誌主催の第1回 「ビデオ・ミュージック・アワード」 で、「Beat It」 が5部門獲得

'75年以来 8年ぶりに6兄弟そろったステージングと Billie Jean初パフォームで魅せた 「MOTOWN 25」

'84
  • 1月16日 第11回AMAで7部門を獲得 (史上最多)
  • 1月27日 ペプシのCM撮影中、頭部にヤケドを負う
  • 2月7日 アルバム 「Thriller」 ギネスブックに認定される。
    売り上げは、'84年春の時点で全米で2,000万枚・全世界で3,000万枚以上を記録
  • 2月28日 第26回グラミー賞で8部門を獲得 (史上最多)
  • 「Thriller」、“お化けアルバム” の異名をとる。
    世界各国のマスメディアで 「マイケル特集」 が組まれ、世界のスーパースターとなる
  • 5月14日 レーガン大統領がホワイトハウスにマイケルを招き、飲酒運転防止キャンペーン協力の感謝状を贈呈
  • ジャクソンズのアルバム 「Victory」 リリース。
    発売当日になんと200万枚の売り上げを記録
  • 7月6日ジャクソンズ、Victoryツアースタート。
    22都市・55回の公演で、歴史に残る空前のビッグツアーを記録 (マイケルは自身の全収益を3つの慈善団体へ寄付)

左 : AMA  /  右 : GRAMMY

'85
  • 1月28日 U.S.A.フォー・アフリカによる 「We Are The World」 で中心的な役割を果たす
  • ディズニー制作の3-D 「キャプテンEO」 の撮影に入る。
    7月30日、撮影中に右手を捻挫
  • ビートルズの楽曲 約270曲の権利を買い取る
'86
  • 1月27日 第13回AMA、U.S.A.フォー・アフリカとして2部門獲得
  • 2月25日 第28回グラミー賞で、U.S.A.フォー・アフリカとして4部門獲得
  • 9月 カリフォルニアのディズニーランドとフロリダのディズニーワールドで 「キャプテンEO」 公開、長蛇の列ができる大人気
  • 11月 NYにて 「BAD」 のショートフィルム撮影に入る

左 : AMA  /  右 : GRAMMY

'87
  • 2月 「Smooth Criminal」 のショートフィルム撮影
  • 4月24日 9月の日本ツアーの契約書に調印。 ソロとして初のワールドツアーの出発点が日本となる
  • 8月31日 アルバム 「BAD」 全世界同時発売
  • 9月9日 マイケル来日。 BADワールドツアー始まる
  • 9月21日 西宮球場で功明ちゃんを悼んだメッセージを述べる
  • 10月19日 「また来ます」 と日本のファン達に温かいメッセージを残して離日
  • 11月 オーストラリアでツアー

横浜スタジアムでのアドリブ・パフォーマンスには反対側のスタンド席も騒然。会場全体が興奮のるつぼ

'88
  • BADツアー、各国で大成功。
    ツアー各国のマスメディアで大々的に報道され、スーパースターぶりを証明
  • AMAで 「R&Bシングル」 を受賞
  • 英BPIアワードで 「インターナショナル部門ベスト・ソロアーティスト」 受賞
  • 第30回グラミー賞で 「The Way You Make Me Feel」,「Man In The Mirror」 をパフォーマンス、 「マイケル・ジャクソンのグラミーだった」 と絶賛される
  • 4月 アメリカで自叙伝 「MOONWALK」 出版
  • 10月 映画 「ムーンウォーカー」 が世界に先駆けて日本で公開
  • 11月 自叙伝 「MOONWALK」 が日本でも出版 (ファンの聖書となる)
  • 12月 「終わりなき伝説」,「ムーンウォーカー」 のビデオが日本で発売
  • 12月8日 約束どおり再来日、東京ドームで9回のコンサート。
    観客動員数の記録を樹立
  • アルバム 「BAD」 から連続5曲のNo.1記録を達成
  • 世界の有名人長者番付で1位になる


'89 以降はご存知のとおりです!(紙面が足りないの~;) 会誌で確認して下さいね;
【※原文のままです】

'89年もあらゆる賞でノミネート・受賞。 敬愛する親友サミーへの曲をパフォーマンス披露もした年

・・・ END ・・・

UPDATE - '07.08.24
http://mjfcmoonwalk.com